交通事故治療

交通事故によるケガなどの場合
自賠責保険が適用された場合の治療費は0円です 

交通事故治療

事故直後は極度の緊張状態ということもあり、痛みなどの自覚症状が出ない事が多いものです。しかし、時間の経過とともに緊張状態から解放されてくると身体のあちこちに痛み・痺れ等の症状を感じてきます。これが、交通事故によるケガの怖いところです。事故による後遺症で苦しんだり悩んだりする前にまずは一度、お早めにご来院ください。他院からの転院も可能です。







交通事故に関するよくある質問

  • Q

    整骨院に通いたいのですが、どのようにすればよいですか?

    A

    直接こうふく整骨院にご来院いただいて大丈夫です。
    または、損保会社の担当者に当院の院名と連絡先を伝えていただいても構いません。
    損保会社から当院への連絡を受け次第、自賠責保険(治療費負担額0円)での治療が開始できます。

  • Q

    現在、他の病院や整骨院に通院しているのですが、転院できますか?

    A

    どこの医療機関に通院するか決める権利は患者であるあなたにありますので、転院できます。
    事前に、転院する旨を損保会社の担当者様へご連絡ください。
    また、定期的に精密検査を病院で行い、併用して日々の施術は当院で行うという方法もあります。

  • Q

    整骨院と整形外科、治療内容は違うのですか?

    A

    整形外科では、一般的には鎮痛剤や湿布などの処方や物療機器による治療を中心に行われると思います。
    一方、整骨院では、症状に応じたマッサージやストレッチ等の手技治療を中心に干渉波物療機器による治療、ホットパック等による温熱治療を行います。

  • Q

    事故後何日か経過してから首や腰に違和感・痛み等が出てきてしまった場合でも受診することは可能ですか?

    A

    もちろん受診可能です。                                             事故直後は極度の緊張状態ということもあり、痛み・違和感等の自覚症状が出ないことは珍しいことではありません。整形外科でのレントゲン撮影では骨に異常がなかったとしても、事故の衝撃により、首や腰を含む背骨全体の微細なズレや筋肉に損傷を受けている場合が多いのです。特に筋肉に損傷を受けている場合には、レントゲンで確認することは困難です。 時間の経過に伴い症状が深刻になることが多くありますので、少しでも違和感や気になるようでしたら、お早めに受診することをお勧めします。

  • Q

    診断書などの各種証明書は発行は可能ですか?

    A

    もちろん発行可能です。                                             警察に届け出るための各種証明書(診断証明書、施術証明書等)、また、ご自身で加入されている損害保険などがあれば、そちらで必要となる各種証明書も自賠責保険から支払われますので、自己負担はありません。

  • Q

    治療に関する所要時間はどのぐらいですか?

    A

    基本的には、手技治療、干渉波物療機器治療等で30~40分程度とお考え下さい。
    初診時は、予診表記入、問診・検査等でプラス10分程度とお考え下さい。
    『忙しくてなかなか時間がとれない』など、スタッフにお気軽にご相談下さい。当院ではできるかぎり待ち時間をなくすため予約優先制としております。

  • Q

    加害者や先方の保険会社とのやり取りが面倒、または補償の問題で揉めてしまいそうなのですが・・・

    A

    遠慮なくご相談ください。当院にて対応いたします。                                ご希望の場合、当院と提携している弁護士をご紹介いたします。もし、ご自身で加入されている保険で『弁護士特約』をつけられているようでしたら、弁護士費用の負担もありません。
    当院では、不幸にも交通事故に遭われてしまった方向けの小冊子『交通事故被害者の皆様へ ~知っておきたい21のQ&A』を無料で差し上げます。




交通事故被害に遭った時に“5つの”しておくべきこと

①事故の相手の情報収集

相手の住所・氏名・連絡先・車両登録ナンバー・自賠責保険会社名・任意保険を確認しましょう。目撃者がいればその方の連絡先も確認し、将来的に協力をしておければベストです。
可能であれば、携帯電話のカメラ等で現場を撮影しておくのも良いでしょう。

②警察への事故届け出

事故後すぐに警察に連絡し、相手とともに現場検証に立ち会い交通事故の届け出をします。「時間がないから」とか「軽い事故だから」と自己判断しないでこれだけは絶対にしましょう。
連絡をして現場検証に立会い、事故の届けを行います。
これを怠ると、後々保険適用とならず治療費で自腹を切ることになりかねません。

③保険会社への連絡

ご自身が加入されている保険会社へも連絡し、事故の状況を伝えます。

④病院へ行く

病院(整形外科が望ましい)には必ず行って下さい。保険会社から求められる警察発行の『交通事故証明』や自賠責保険での治療には医師の診断書が必要となります。
軽傷だと事故判断せず、少しでも違和感があれば医師に伝えましょう。

⑤治療希望の連絡(当日でなくても可)

相手の自賠責保険会社へ「こうふく整骨院で治療を受けたい」と希望を伝えてください。保険会社担当者から当院に治療依頼の連絡が入り、治療開始となります。
※保険会社への連絡は、当院にご来院、治療を受けてからでもOK。

 



交通事故治療の流れ

治療が終了したら、ご都合に合わせ次回の予約をしましょう。2回目以降は、症状の変化などを確認し、早速治療開始です。

TOP