労災保険治療

当院は『労災指定医療機関』として認定されています
治療に伴う患者様の窓口負担は0円です

『労災保険治療』とは

労働者(正社員、パート・アルバイト等)が、業務中または通勤途中に災害にあい(以下『労働災害=労災』といいます)、その労災によって負傷、または病気にかかった場合、健康保険ではなく『労働者災害補償保険=労災保険』が適用されます。 『労災保険治療』とは、このような場合に行う治療を指します。
また、実際に業務中ではなくても「休憩時間」や「出張中の移動」なども適用対象となります。
ケガ(骨折、捻挫、肉ばなれ等)の治療だけでなく、『労災』によるケガで手術をした後のリハビリも可能です。
『労災保険治療』は、労働者が健康を取り戻し、気持よく仕事に復帰していただくための治療になります。
分からないこと、気になっていることがあれば、お気軽にご相談ください。




『労災保険治療』に関するよくある質問

  • Q

    治療費はどうなりますか?

    A

    『労災保険』の適用となりますので、基本的に患者様の窓口負担はございません。

  • Q

    手続きが面倒なのでは?

    A

    労災用紙の提出をお願いいたします。 使用者(会社等)の署名・捺印が必要な書類になります。
    こちらの用紙があれば、保険請求や面倒な書類作成などは当院が代行して行います
    当院にて用意しておりますので、遠慮なくお申し付けください。

  • Q

    転院・同時通院は可能ですか?

    A

    当院は労災指定医療機関ですので、他の医療機関からの転院も可能です。整形外科との同時通院も可能です。
    整形外科での物理療法、シップ等の処方のみに不安・不足を感じている患者様の転院も数多くいらっしゃいますので「早期回復したい」、「なかなか痛みが取れない」等でお悩みでしたら、何なりとご相談ください。

  • Q

    『労災保険治療』の主なメリットは?

    A

    健康保険による保険治療とは違い、窓口での一部負担金のお支払いは不要です。(『労災保険』から支払われます)
    業務災害・通勤災害により休業した場合は、休業補償がもらえます。(給付基礎日額の6割、特別支給金2割)
    負傷が複雑であり、長期療養を余儀なくされても療養補償及び後遺障害の程度により障害補償が受けられます。
    手続きは簡単で、事業主の証明書があれば受診できます。

  • Q

    『労災保険』を使って治療すると会社に迷惑がかかるのでは?

    A

    労働者が、業務中・通勤中のケガ・病気の治療を『労災保険』の制度を利用して治療する行為は、労働者の権利ですので本来は問題無いことなのです。
    『労災』に該当するケガ・病気にも関わらず、健康保険での治療を指示されることがあります。これは、いわゆる「労災隠し」と呼ばれることです。 撲滅にむけて厚生労働省が取り組んでおりますが、なかなかなくならないのが現状です。 使用者が労災となかなか認めない場合は、労働基準監督署に相談が必要です。

TOP